つぶやき 里山暮らし

中山間地域の人は、所有山林に困っている!解決策は林業にあり!?

私は、都会から中山間地域に移住し、林業の世界に転職しました。

それは、中山間地域の困りごとの解決策として林業が一番強いな!

と思ったからです。

そして、現在は森林文化アカデミーに通い、森林経営・生態学について学んでいます。

 

卒業後は、自伐型林業を軸とした生業をやっていきたいと考えています。

 

今回のブログでは、私がその想いに至った経緯と、中山間地域の所有山林問題の現状についてご紹介します。

どうも、こばけん(@5884kentaです♪

 

日本の国土面積の約7割は森林!

国土面積 森林まず、日本が世界トップクラスの森林大国であることをご存知でしょうか?

 

日本の国土面積の約7割は森林です。

 

そして、その大半がいわゆる中山間地域(田舎)に集中しています。

つまり、中山間地域には森林があふれかえっているのです!

 

山林所有者は森林をどう思っているのか?

山林はいらない

中山間地域に住んでいる人は、けっこうな確率で山林(≒森林)を所有しています。

先祖代々、その土地を相続してきたのです。

 

しかし、令和の多くの山主さん達は、森林を所有していることに重荷を感じているようです。

 

つまり、山を所有していることのメリットよりも、デメリットのほうが大きいと感じているのです。

これは、田舎に引っ越ししてから何人かの山主さんにヒアリングした結果と、

森林組合で仕事をしながら聞こえてくる声のほとんどがこういった声だったので、

おおよそ間違えてはいないと思います。。

 

ではなぜこのような状況なのか?

山林所有のメリット・デメリットから考えてみたいと思います。

山林所有のメリット

まずは、山林を所有することによるメリットを列挙します。

・山の木材販売の収益を得られる

・山から落ち葉や草など畑の肥料や家畜の飼料の原材料が入手できる

・山に鉄塔などを建てさせて欲しいと言われたらレンタル料で稼げる

 

ですが、木材価格が低迷していたり、そもそも自分の山まで辿り着くための道がないなどの理由で、

なかなかこのメリットを活かすことができないのが実際の現状です。

 

また、肥料や飼料を山から取ってくるのではなく、買ってくる時代になったので、

そういったメリットも昔と比べると無くなってきています。

 

逆に、デメリットにはどういったものがあるでしょうか?

 

山林所有のデメリット

・山林所有の固定資産税を払わなければいけない

・都会などに引っ越ししたけど、田舎の山を持っているせいで、その土地の呪縛から逃れられない

・自分の土地で土砂崩れなどが起きたら責任を取る必要があるかもしれない

・道路に面していると、倒木の危険性の排除などの責任を負う必要がある

・相続の手続きなど面倒が増える

・どこの山か知らない得体の知れない土地を所有することへの不安

う〜ん。。

 

デメリットはまだまだ出てきそうですが、これぐらいで勘弁してください。。

 

つまり、メリットを活かせないと、デメリットばかりが降り注ぐことになってしまうのです。

 

林業ができれば解決できる!?

自伐型林業

ですが、林業ができれば、この問題は解決できる!!(‥かもしれない)

林業といっても、木を伐ることと、山にたどり着くまでの道を作ることができるというスキルが必要になってきます。

 

山を所有していても、例えば森林組合や林業会社に依頼しても、作業費や請負費用を払うと手元にはほとんどお金が残らないという悲しいことになってしまいます。

 

ならば、自分でできるようになれば良いんじゃないか!?

実際、自分で自分の山を施行して稼いでいる林業家の方もいらっしゃいます。

 

もちろん、大きく稼ぐことは難しいでしょうが、先祖から山を引き継いだけど放置するようりかは、

有効活用できたほうが気持ち的にも嬉しいですよね?

 

60〜70年程度前の戦後の時代は、山に木を植えたら将来のお金になる!という投資感覚で植林や保育がされてきました。

なので、おじいちゃん達は山に行って山仕事をやってきました。

その広さがなんと全国で約1,000万haにものぼります。

 

ですが、その木々が大きく成長し、令和の時代には素人では手出しできない山仕事になってしまいました。

だからこそ、令和の時代には林業ができる人が必要なのです!!

 

林業従事者が増加して、放置されてしまった森林が少しでも減る未来がくれば良いな〜

と思いながら、私は林業を学んでいます。

 

ありがとうございました。

 

アカデミー入学から半年

森林文化アカデミー

2023/11/21

森林文化アカデミーに入学して半年!卒業に向けて何を想う??

【森林文化アカデミー学生日誌 vol.20】   2023年4月に森林文化アカデミー(クリエーター科林業専攻)に入学してから、はやくも半年が経過しました。 アカデミーは、カリキュラムが2年なので、1/4が終わったことになります。   今回は、半年が経過した今の思いや、アカデミーの暮らしについて、ブログを書いていきます。   正直、やっと入り口が終わって、これからアカデミーの美味しいところを楽しむぞ!! ってなり始めた感じで、最高にワクワクしています(笑) どうも、こばけん(@ …

ReadMore

シュヴァルツヴァルト空中散歩.001

森林文化アカデミー

2023/9/20

【ドイツ・ロッテンブルク林業大学連携 with 森林文化アカデミー②】シュヴァルツヴァルトを空中散歩

【森林文化アカデミー学生日誌 vol.18】 森林文化アカデミーのドイツサマーセミナー!! ついに、他大学とも合流し、サマーセミナーがスタートしました! 総勢37名の大所帯での視察研修になります( ^ω^ )   初日は、まずフランクフルトから Bad Wildbad まで移動しました。 そこでは、シュヴァルツヴァルトの黒い森の中(上)を空中散歩できる施設があり、 植生観察も含めて、体験してきました( ^∀^)   初日なので、まずは気軽に体験してみようって感じですね☺& …

ReadMore

フランクフルト植物園

森林文化アカデミー

2023/9/19

ドイツの都会で植物観察!フランクフルト植物園(Botanischer Garten Frankfurt)が良かった!

【森林文化アカデミー学生日誌 vol.17】 森林文化アカデミーのドイツサマーセミナー!! フランクフルトに前入りした初日に、駅周辺を1人でぶらぶらしました♪   林業視察研修に来たんだけど、ドイツにどんな樹木が生えているのか!? 全然知らない😓←これはまずい(笑)   というわけで、せっかく自由行動できる1日なので、植物園にいってみました! 入場料無料で、ヨーロッパ各地の森を再現しており、良き学びになりました☺️ どうも、こばけん(@588 …

ReadMore

森林文化アカデミー

2023/9/19

【ドイツ・ロッテンブルク林業大学連携 with 森林文化アカデミー】サマーセミナーとは!?

【森林文化アカデミー学生日誌 vol.16】 森林文化アカデミーに入学したら、絶対に行きたいと思っていた( ^∀^) ドイツサマーセミナーについに来れました!! サマーセミナーの日程は、2023/9/18〜24の7日間! 前入りして、フランクフルト辺りを1人でぶらぶらしています(笑)   しばらく、林業先進国ドイツで見聞きし、学んだことをブログで発信していきますので、よろしくお願いします♪ どうも、こばけん(@5884kenta)です♪   関西国際空港をたちます🛫 ド …

ReadMore

コンテナ苗作り方

森林文化アカデミー

2023/9/8

アカデミーの実習でスギのコンテナ苗を作ってみた!作り方の解説

【森林文化アカデミー学生日誌 vol.15】   森林文化アカデミーの林業の実習で、コンテナ苗を作りました! 本当は春に行うべき作業なのですが、講義のスケジュールの都合で、九月に実施しました。   今回は、コンテナ苗作りについてご紹介します。 どうも、こばけん(@5884kenta)です♪   アカデミー公式サイトの活動報告はこちら 岐阜県立森林文化アカデミーCr1林業の授業「林木育種」でコンテナ苗をつくりました : 岐阜県立森林文化アカデミーhttps://www.fore …

ReadMore

 

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こばけん

32才で大阪のメーカーを退職し、林業の世界に転職。 里山資源を活用した半林半Xな暮らしをするために地方移住。

林業が「自分の力で生きる」うえで最強だと思っている。 里山暮らしや林業の日常を発信しています♪

プロフィールページへ

-つぶやき, 里山暮らし